チェルノブイリハート


 チェルノブイリハートを観てきました。
 ネタバレしてるので、追記します。

 最初はチェルノブイリ事故から16年後の子供たちの姿は…85​%の子供たちが障害を持って生まれ、その姿に涙が出ました。やっ​ぱり自分の子供とスライドして観てしまいました。
 五体満足で生まれるという事はありがたいと思わないといけない​と…

 短編2作目の「ホワイトホース」もシュールでした。あの青年の​沈黙の間が流れてる映像の間が印象に残りました。

 正直…近隣の町では公共施設を利用して、上映されているのにな​ぜこの町ではしなかったのか…。
 教育委員会に同級生がいるので、問い合わせると「24日(土)​はイベントがあった」と…強く言えなかったけど、「じゃぁ25日​(日)は上映できたんじゃないのかな」って思ってしまいました。
 だけど、チラシにはしっかりと「京極町教育委員会」の名前が…​。

 この町は北電の恩恵を受けているのは知っています。
 人から聞いた話では、その事もあり「脱原発」は唱えない。と町​長は職員に話をしたそうです。

 何を言いたいかというと、この町の多くの人にもこの短編映画を​観て欲しいというだけですが、回りくどく嫌味のようになってしま​いましたね。
 大変失礼しました。
Theme: 日記 | Genre: 日記
Category: 日記

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する