プランター栽培 反省

4月3日。レタスは収穫をして家族で食べました。
6人家族で1回分ぐらいしかなかったけれど、食べ応えがあり、長男はあまり好きではない野菜でしたが、自分が水やりをしたのと知り、「美味しい」と言って食べてました。
それはそれで嬉しかったですね♪



今回、レタスミックスという結球しないタイプと20日大根といわれてるラディッシュの2品種を栽培してみました。

目的は「えひめAI」の効果を知りたかったので、1ヶ月ぐらいで収穫できるようなもので試したワケです。

結果としては、ほとんど差がなく、味も変わりがないと思いました。
確かに、発芽は早かった。これはいえます。


でも発芽に大切な水分量が「えひめAI」を散布するので多かったので発芽が早まっただけかもしれません。

速攻性の効果を期待するなら、やはり液肥や肥料にはかなわないなと。

…たぶん、そういう効果の期待じゃなくて、「長期のspanで良い土づくり」それが作物にとって味に出たり、次に作る作物に出たり…

いずれ作物の多収、良質に繋がるであろう土づくり。

と、思ったワケです。



ラディッシュに関しては、もう少し播種を密植し、芽が出て双葉が伸びたら少し土で盛ってあげたり。
あと、速攻性の高い液肥じゃなくて、緩効性肥料を使用して、また再チャレンジしてみます。


オール電化の我が家は乾燥してて湿度が低く観葉植物も育ちにくい環境です。
…今度はビニールで囲ってみようかな…

そして、またえひめAIも散布してみます。葉物野菜の味に違いは感じられなくても、根物野菜には味に変化があるかもしれないと期待をしつつ♪


Theme: 農業 | Genre: 就職・お仕事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する